読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味は投資と英語の勉強。

クラフトビールなぜ人気?押さえておきたいクラフトビールの基礎知識!

http://mainichi.jp/articles/20160529/ddm/008/070/065000c

 

世間ではクラフトビールが増々流行してきているが、クラフトビールって結局なに?と聞かれて、スッと答えらえる方は多くないと思う。

 

クラフトビールがなぜ人気なのか?をQ&A方式でわかりやすく説明した記事を見つけたのでご紹介したい。

 

記者 クラフトは英語で「手作りの工芸品」などを意味し、一般的に「小さな醸造所(じょうぞうじょ)で職人が製法にこだわって少量生産したビール」を指します。日本の大手メーカーが大量生産しているビールは黄金色のピルスナーが大半ですが、クラフトビールはほかにも多様な味と香りが楽しめます。

 Q どう違うの?

 A ピルスナーは主に大麦の麦汁(ばくじゅう)を低温で発酵(はっこう)させます。一方、クラフトビールには、常温で発酵させたホップの香りが豊かなペールエール▽小麦が原料でフルーティーな味わいのバイツェン▽麦汁に果汁を加えたフルーツビール−−などがあります。

 Q どのくらい飲まれているの?

 A 最初にブームになったのは米国です。米国もピルスナーが主流ですが、若者を中心に地方のビールが1980年代から人気を集め、クラフトビールの呼び名が定着しました。

 より詳細はこちら。

http://mainichi.jp/articles/20160529/ddm/008/070/065000c

 

かんぱい。