かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味はソーシャルレンディング・ETF投資・仮想通貨と英語の勉強。

Fintechを活用したレンディングサービスの広がりについて。

 

金融テクノロジーの発展によって叫ばれるようになったFintechですが、私が活用してやまないソーシャルレンディングは、世界的なFintechの潮流の中でどういったポジションとなるのでしょうか。

 

japan.cnet.com

 

  • レンディング領域は大きく、「マーケットプレイスレンディング」と「バランンスシートレンディング」に分けられる。
  • マーケットプレイスレンディングは、オンライン上で資金の需要家と供給家をマッチングさせるサービスのこと。
  • 海外ではLending Clubのように個人間を結びつけるサービスがあるが、日本では賃金法の規制上、個人間を結びつけることは難しく、プロ投資家が組成した不動産を共同購入するサービスに留まっている。
  • バランスシートレンディングは、ユーザーのデータを分析し、タームローン、やクレジットライン(資金枠)を提供するサービス。

 

 

記事内でも記載れているアマゾンが出店者向けに提供している「アマゾンレンディング」は、Fintechが生んだサービスの代表例といえそうです。出店者の資金の流れが手に取るようにわかるアマゾンにとって、融資を与えることでより大きなビジネスを展開してもらうことは必然の流れでしょう。

 

まだまだ仮想通貨と比べると、比較的安定したインカムゲインの得られるレンディングサービスは、まだまだ日本人に知られていないですね。2018年は仮想通貨もそうですが、レンディングサービスにも資金が流れ込み、より安定的な運用がされることを期待します。

 

 

クラウドクレジットから年末の挨拶がきた。新たな案件の発表は?

「あー、クラウドクレジットをやってみて、よかった!」

以下の通りクラウドクレジットから年末の挨拶がきました。

 

個人的にクラウドクレジットは、海外案件、ユニークな案件が多く大変気に入っています。

 

以下の挨拶にもある通り、遅延や運用期間の延長等々、問題のあるファンドもありますが、平均するとプラスで運用できているので問題なし。投資にリスクはつきものですから。

 

確かに、足元、元本割れ・遅れが全くない、国内不動産に注力する他のソーシャルレンディングサービスは素晴らしいです。が、もし景気減退、○○ショックのようなものが起こった場合はどうなるか、正直読めません。

 

2009年以降、実感はないものの日本の景気は日経平均にも代表されるよう右肩上がり。(震災はございましたが。)

 

今後、2018年は新しいファンドがクラウドクレジットから開始されるということなので、来年はそちらを楽しみに、募集された案件に関しては積極的に投資を行っていこうと思います。

当社はこの12月で2014年6月に開業して以来、ちょうど3年半になりますが、現在約1万名の方にユーザー登録をいただいており、5千名程度の方に実際にファンドへの出資をいただいています。

その中でファンドの運用状況に関しましても、一部のファンドで遅延が起こっていたり、元本割れのリスクが高まっているものもございますが、全体としてはお客様に分散投資を行っていただいており、多くのお客様に1桁台後半から10%程度のリターンを得ていただいております。
近く、お客様のリターンの分布状況のマップも公表することを予定しております。

今年2017年に関しましては、お客様により多くのファンドをご提供していくということに加え、分散投資の徹底という、ローンに投資を行うにあたって非常に重要なコンセプトのご紹介を徹底してまいりました。

また運用状況のご報告の強化も図っており、運用状況報告マップの公開を開始し、毎月アップデートしていくことにより、お客様にタイムリーに各ファンドの資産の状況を知っていただけるように致しました。

さらに当社がお客様に提供するファンドの数が増えるに伴いポジションが複雑化してきていることから、お客様により簡単にファンドのポジションを把握していただけるよう、分配チャート機能を導入しております。
こちらに関しては今後、現時点での推定リターンというものを月次でお客様にご確認いただける機能を付加していくことを予定しております。

一方で、今年は5~10種類の新しい種類のファンドをご提供することを目指していたのが、新たに発売したのは「カメルーンの農業事業者支援ファンド」の1種類に留まっております。他には「東欧の個人への自動車リースファンド」に関して、スキームをリニューアルして新しい形でご提供させていただきました。

2017年はあまり新しい種類のファンドをお届けできなかったものの、現在2018年に向け続々とラテンアメリカを中心とするマイクロファイナンス機関に融資を行うファンド、アフリカを中心とするリニューアブル・エナジー事業者の方に融資を行うファンドの組成を行っており、来年年初からお客様へご提供できるのではないかと思っております。

一方オペレーション面で、当社では「お客様にご心配いただくのは純粋な金融リスクのみ」ということをキャッチフレーズに営業をさせていただいておりますが、今年2017年に関しては、ペルーの租税に係わるミスでお客様にご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。

今後租税に直接関わる管理部をはじめ、法務コンプライアンス部、業務部、その他数値の管理に関わる部署の態勢の強化を図ってまいります。

また当社の財務面に関してお客様にご質問をいただくことがございますが、こちらに関しまして、今年は坂本というCFOに迎えており、お客様にもプレスリリースを通じご報告させていただいた、フェムトグロースキャピタルさんというベンチャーキャピタルファンドを中心とした4億円の資金調達に加えて、春先にも3億円程度の資金調達も実施済みですので、合計で7億円程度のエクイティファイナンスを行っております。
来年2018年以降に関しては、単月黒字化ということも視野に、更なる財務体質の強化を図ってまいります。

また来年以降につきましては、第二種金融商品取引業協会の事業型ファンドに係わる新たな自主規制の導入も始まり、当社としても規制に沿って一層のお客様保護の強化を図ってまいります。

当社では今後も引き続き、より多くのファンドをお客様にご提供することに加え、運用状況の開示をより一層強化し、お客様にさらに簡単にファンドのポジションを把握いただけるといったサービスの強化を行ってまいります。

これらを通じ、お客様にインカムゲインでの資産運用先として選んでいただけることを目指してまいります。

何卒、2018年も引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

クラウドクレジット株式会社 代表取締役
杉山智行

 

 

・・・

 

「え? どこに投資すればいいかって?」

・・・

クラウドクレジッド』

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

 

ってこういう結びももうやめた方がいいですかね。。。

株式会社セレスがNEM(XEM)のマイニング事業に参入。

今回はベンチャー企業が今話題の仮想通貨のマイニング事業をやるよ、といったニュースの御紹介。

 

私が保有している仮想通貨(トークン含む)は、ビットコインイーサリアムモナコイン、NEMZaifトークン、ペペキャッシュがメインです。

 

そのうち、NEMのマイニングを行うといったニュースで、NEMが広まるきっかけになるのでは!?という思いから共有します。

 

venturetimes.jp

 

そもそもマイニングって何なのよってとこですが、これはネットで検索すればたくさんでるので詳細は割愛しますが、分散型ネットワークおいて形成される仮想通貨の中で、これを形成する際のお手伝い(計算)を行うことで、その報酬として通貨を得られるといった仕組みです。

 

複雑なお手伝い(計算)をするためには、高度なコンピュータ(家庭のものでもある程度はできる)や高額な電気代を必要することとなり、このコストとお手伝いから得られる報酬が見合う場合は、この事業が成り立つわけです。

 

NEMのネットワークをお手伝いする上では、電気代を他の方法より節約できるマイニング方法があることから、これを事業として行うベンチャー企業のようですね。

 

 

Zaifに興味のある方はこちら。

 

仮想通貨NEM(XEM)の爆騰! その背景とは。

 

 私の保有しているNEMに関わる記事が、いよいよ日経で紹介されるようになりました。因みに私は20円時代のNEM(ネムXEM)保有者です。

 

今回の記事は、仮想通貨の一つであるNEM(ネム)が、中国の"LINE"であるWeChatの決済に採用されることを背景に爆騰、2017年初旬と比べると360倍となった、との記事です。

 

私も中国人の友人と連絡をとるときは、WeChatを使用しています。友人もこちらのニュースが発表さると同時に海外の取引所に口座を開設、取引を開始しました。

 

中国マネーがどれだけ流れ込むかは全くわからないのですが、あがってくれればいいなー、と願うばかりです。

 

Zaifに興味のある方はこちら。

 

詳細記事はこちら。

www.nikkei.com

 

給与に+α上乗せ分30%が仮想通貨で支給される企業とは。

本日は初の仮想通貨に関わる記事の御紹介です。

 

実はというか、私は2017年のゴールデンウィーク明け頃から、仮想通貨の取引も行っております。このブログで共有する機会はなかったのですが、最近どうやらブームに拍車がかかっているようなので、便乗します!

 

私のメイン取引所である「Zaif」を運営するテックビューログループからこんなお知らせが届きました。

 

テックビューログループは、自社で運営する仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)」で扱う5種類の仮想通貨と10種類のトークンから、役員・従業員を対象とし、インセンティブとして給与に上乗せで付与する制度を導入したことを発表します。

つまりは給与100%、プラスで給与30%分が仮想通貨orトークンで支給されるとのこと。本当に先駆的で羨ましいです。

 

同社の扱う通貨の中では、私の始めた時期から、例えばモナコインなどは200倍を超えるバクアゲをしております。今後200倍を超えるような通貨が現れるかはわかりませんが、給与が20万円とすると、6万円のモナコインがプラスで至急されたわけで、200倍となると、1,200万円の価値、、、、笑 驚愕ですね。

 

ビッドコインはバブルと叫ばれる今日この頃ですが、個人的にはまだまだ伸びていく市場と思っています。電子マネーが普及するもの時間がかかりました。最初は確かEdyだったでしょうか。今はほとんどEdyを見ることはなくなりましたが、現金好きの日本でさえ、今ではSUICAを代表とする交通系電子マネーが根付くようになりました。

 

技術の発展、そして普及は突如やってきます。お金が減ることはあるかもしれませんが、余剰資金で触れておくは、決して無駄にはならないと思います。

 

Zaifに興味のある方はこちら。

 

記事詳細はこちら。

prtimes.jp