かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味はソーシャルレンディング・ETF投資・仮想通貨と英語の勉強。

原油価格・WTIの見通しについて

「あー、原油価格に注目して、よかった!」

どうも、効率的な「利回り」、充実した(?)「副収入」。
丸の内勤務の田舎者”かんぱい”です。

原油価格は今後も上昇する!と考えている」ビジネスパーソンのみんなーっ。

現在の原油価格が低いことは間違いないと思ってない?

じゃぁ、質問です!

あなたは石油メジャーの実績を確認してま す か っ?

「・・・してないの、めんどうくさいの。」

確認してごらん! 意外な結果がまってるから!

・・・

 

 

WTI価格について、参考となる記事を見つけたので共有します。

 

minkabu.jp

エモリキャピタルマネジメントによる見通し

同社によると、WTI相場は好調な需要を背景に堅調に推移するであろう、と。 また、現在49ドル/bbl付近であるある価格は、テクニカル面では51.20ドルが 節目であり、ここを抜けると青天井になる可能性もあると論じられておりました。

同社の挙げる上昇見込み理由は以下。

 

①米国内の強い需要

②米国の石油掘削リグ稼働数の増加の頭打ち

産油国の生産量は現在がピーク

 

と見られ、現在ぶん回しているリビア・ナイジェリア・イラクへの 他産油国からのけん制が強まるみられる 。

 

かんぱいの見解

個人的にも、同社と同様の考えを持っております。やはり、過去の原油価格と比べると、 現在は比較的安いレンジであると考えることができます。よって、原油価格の上昇が 徐々に起こるのでは?と思いますし、すぐではなくとも「いつか」上がると考えています。 

 

 

・・・

 

「え? どこに投資すればいいかって?」

・・・

『NOMURA原油

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット 

 

みんなのクレジットから言い訳っぽいメールを受領しました。

「あー、運用会社を分散していて、よかった!」

どうも、効率的な「利回り」、充実した(?)「副収入」。
丸の内勤務の田舎者”かんぱい”です。

「利回りの高い案件に集中させよう」か迷っているソーシャルレンダーのみんなーっ。

高い利回りでないと、なかなか配当なんて得られないって思ってない?

じゃぁ、質問です!

長期案件に投資している間に運用会社が潰れない保証はありますか っ?

「・・・残念がら、ないの。」

考えてごらん! 高い利回りはどうしてもリスクが付きまとってくるから!

・・・

 

こんにちは、かんぱいです。

 

 

みんなのクレジットへの投資資金の回収が完了、自身の銀行口座への入金も完了しました。

 

関連記事↓ 

craftbeer.hateblo.jp

 

 

が、まだまだソーシャルレンディング界隈では、みんなのクレジットの話題でいっぱいですね。

 

以下のメールを受領しましたので、皆様と共有申し上げます。

みんなのクレジットからの言い訳メール詳細

 

さて弊社は、平成29年7月27日、弊社融資先から「貴社の投資家による法的行動により不動産売買決済や融資が一時停止することとなったため、弁済期日を7月28日とする貴社への借入金元本の弁済を実施できなくなった」旨の連絡を受け、現に弊社融資先は、弊社に対する借入金元本について、約定通りの弁済を行いませんでした。 弊社といたしましては、弊社融資先による上記の債務不履行の発生を受け、現在投資家の皆様を代表して、債務不履行状態の解消に向けた弊社融資先との話し合いを進めるなど、貸付金の全額回収に向けて、最大限の努力を行っているところです。 つきましては、投資家の皆様におかれましては、大変なご迷惑・ご心配をお掛けすることになりますが、弊社といたしましては上記の通り、投資家の皆様の立場に立って皆様全体の利益を最大限に図るべく、弊社融資先との交渉を進めている最中ですので、引き続き交渉の推移をご静観下さいますようお願い申し上げます。 投資家の皆様方に対してお知らせにお時間を要しましたこと、衷心よりお詫び申し上げます。

 

 

どうしても言い訳に聞こえてしまいますね。やはり保全率が120%だと広告していたのに、ふたを開けると、20%にも満たなかったなど、今まで投資家を裏切っていた事実があるのにも関わらず、自身を棚にあげてしまっているような・・・

 

真摯な対応をしているつもりなのかもしれませんが、追加の保全をどうにかしてとってくる(方法はわかりませんが・・・)とか、現在の運用状況を事細かに連絡するとか、そういった報告がメールでくるようになればいいのにな、と思います。 

 

 

 

 

 

・・・

 

「え? どこに投資すればいいかって?」

・・・

クラウドクレジッド』

 

 

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット 

 

原油価格は100ドルまで回復することはない!?石油会社の採算ライン、今昔の利益の変化は?

「あー、原油価格に注目して、よかった!」

どうも、効率的な「利回り」、充実した(?)「副収入」。
丸の内勤務の田舎者”かんぱい”です。

原油価格は今後も上昇する!と考えている」ビジネスパーソンのみんなーっ。

現在の原油価格が低いことは間違いないと思ってない?

じゃぁ、質問です!

あなたは石油メジャーの実績を確認してま す か っ?

「・・・していな、めんどうくさいの。」

確認してごらん! 意外な結果がまってるから!

・・・

 先日メインのソーシャルレンディングの他に、原油価格連動型ETFを購入しているという話もしました。

 

craftbeer.hateblo.jp

 

今回の記事はゴールドマンのアナリストが、現在世界のオイルメジャーは、足元の原油価格で、過去原油価格が100ドルをつけていた時より儲かっている!と指摘した、というもの。

 

これを単純に考えていると、原油価格は、足元の原油価格50ドル/bblで十分!と言える、つまり今後の順調な上昇は考えにくいと言えるかもしれない、ということです。

 

所感

今回の記事は良い点を指摘していると思う一方、原油価格はいくらであっても、この原油価格を製品価格にきちんと反映することができていれば、石油精製も生業としているオイルメジャーにとっては原油価格は関係ないのでは?と思いました。

 

例えば、原油価格が50ドルであれば製品は60ドルで販売、原油価格が100ドルであれば製品は110ドルで販売、といったことができれば、マージンはどちらとも10ドルとなるからです。

 

そういった観点では、足元の50ドルのような価格の方が、製品とした場合の価格の絶対値も小さくなるので、製品の需要家にとっては、購入をしやすい事情もあり、その分数量が売れれば、総利益は大きくなる、と言え、今の方が利益が出ていることにも納得がいきます。

 

しかしながら、果たして今の価格が適正なのか?といった観点では、今後の採掘年数や環境への影響を考慮する必要があり、判断が難しいですね。個人的には、過去の価格を見る限りは、やはり現在の50ドル/bblは安値圏にあるように感じます。

 

原油価格100ドル不要に関する詳細記事

原文はこちらから確認できます。

 

www.bloomberg.co.jp

 

 

 

・・・

 

「え? どこに投資すればいいかって?」

・・・

『NOMURA原油

 

 

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット 

 

クラウドバンクへも登録しています。

「あー、クラウドバンクをやっていて、よかった!」

どうも、効率的な「利回り」、充実した(?)「副収入」。
丸の内勤務の田舎者”かんぱい”です。

「どのソーシャルレンディングが」本当に良いのか迷ってる投資家のみんなーっ。

新しい投資先出ないと、「ソーシャルレンディング」なんてできないと思ってない?

じゃぁ、質問です!

道家は自分から新しい道を探しに行 き ま す か っ?

「・・・探さない、待つの。」

待ってごらん! 自然と「利益」は寄ってくるから!

・・・

 

こんにちは、かんぱいです。

私は2011年ごろからソーシャルレンディングには目をつけていたのですが、なぜだかずっとクラウドバンクは敬遠していました。そして、長らく敬遠していたころ、クラウドバンクは行政からの業務改善命令を受け、業務を停止、当時は私の見る目があったのか?なんて思いながら過ごしておりました。

なぜクラウドバンクへ登録、投資の開始

なぜクラウドバンクへの登録、及び投資を開始したのかというと、業務改善命令は受けたものの、①案件自体に問題があった訳ではなかったこと②業務停止期間を自ら延長し、改善にむけ努力を行ったこと、からむしろ投資先として有用と考えるようになったからです。

 

現在の運用状況

正直まだまだ日が浅く、クラウドバンクにおける運用状況は大きくなく、税引後の収益実績は3,537円に止まっております。

 

f:id:Dhabi:20170808224644p:plain

 

今後ですが、クラウドバンクはデフォルト案件も未だ0であることから、これから投資額を積み増して行く予定としております。

 

・・・

 

「え? どこに投資すればいいかって?」

・・・

クラウドバンク』 

新しい投資のカタチ クラウドバンク

 

みんなのクレジットがやばい、と話題沸騰に。

個人的には、みんなのクレジットへの投資資金の回収が完了し、ほっとしております。

 

が、ブログ上では、同社の融資先への「おしかけ騒動」が話題沸騰中です。さて、どんなものだったのでしょうか?

 

以下のメールを受領しました。

 

平素は『みんなのクレジット』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

7月27日に一部の投資家様(23名)が弊社融資先に対して直接的回収行動に入られたため、融資先における不動産売買決済や融資が一時停止し、その結果、現在まで継続してきた弊社への約定通りの弁済を7月28日に実行出来なくなった旨の連絡を受けました。
またこのアクションにより、融資先から弊社に対し裁判外紛争解決手続きによる調停の提起がなされることとなり、そこでの合意が行われるまでの間、融資元金の償還は一時的に停止するとの通達が届きました。
元金償還対象の投資家様におかれましては大変なご迷惑とご心配をお掛け致すこととなり、誠に申し訳ございません。
週明け31日以降、早急にかかる融資先との基本合意を調印し、合意が行われ次第順次元金のマイページへの反映を実行させていただきます 

 

他のブログでも多々同様の内容が取り上げられていることは重々承知ながら、今後だまされる方がでないように、当ブログでも取り上げさせていただきました。

 

ダメな会社は、ダメ、と、話題にすることで、今後投資家を無駄に心配させるようなサービスが出てこないように啓蒙しましょう。

 

しかしながら、配当・償還を最後まで行った暁には、日の目を見る日がくることもあるのかも・・・いや、やはりもう投資しないかな・・・

 

関連記事↓ 

craftbeer.hateblo.jp