読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味は投資と英語の勉強。

松本初のクラフトビール製造・販売会社社長 林幸一さん /長野

http://mainichi.jp/articles/20160509/ddl/k20/070/033000c

良質の水に恵まれ、地酒、ワインが豊富に販売されている松本に、なぜか地元産クラフトビールがなかった。「ならば自分たちで作って売ろう」と、直営のビールショップ「松本ブルワリー タップルーム」を松本市の中町通り近くに4月29日、オープンさせた。 目指すのは「飲んで、思わずみんなが笑顔になってしまうビール」。1、2階の計約30平方メートルの小さい店だが、にぎわいを見せる。 麦やホップなど高品質の原料をたっぷり使い、オリジナルの味を追求。ビール通にも満足してもらえる味に仕上げた。諏訪と三重県の他社工場で委託醸造した3種類のビールを、生とボトルで提供している。 きっかけは2014、15年に松本城で開いたクラフトビールイベントの実行委員に関わったこと。信州産ビールは県外客から好評だったが、「松本産のビールはないの?」と言われ、寂しい思いをした。地ビールブームが一時衰退し、手がける人がいなくなっていた。そこで飲食店仲間やビール職人、農業法人経営者ら5人で、直営店づくりに乗り出した。免許取得、店舗探しなどに奔走。今年1月に株式会社「松本ブルワリー」を設立し、開店にこぎ着けた。