かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味は投資と英語の勉強。

人気沸騰中、「セゾンビール」とは。

www.jiji.com

セゾンビールが人気、と題したこんな記事を発見した。

多様な味わいを楽しめるクラフトビールの一種で、ベルギーで夏の農作業期間向けに造られてきたとされる「セゾンビール」の人気が高まっている。酵母に由来するフルーティーで、華やな香りが特徴だ=都内【時事通信社

ということで、セゾンビールとは何か?を調べてみたところ、以下のようなビールを指すそうだ。

◆セゾン・ビールとは ベルギーでも有数の穀倉地帯であるエノーHAINAUT州を中心に、昔、農家が夏の農作業中、喉の渇きを癒すため、農閑期である冬に醸造したビール。 夏の暑い時期、農作業中に飲むということから、アルコール度数は5%程度で、ホップの苦味を効かせ、ドライで酸味があることを特徴としていた。 農繁期には他の地域からの季節労働者を受け入れるために、労働条件の1つとして、「ビールの提供」という項目があったという。労働者を集めるために、「うちは、ビールを1日何リットル」、別の農家が「うちは何リットル」というように競い、エスカレートしていったという。シリー醸造所の話では、一人1日8リットルのビールを提供していたという。 現在は、ビールの特徴が薄れ、ペールからアンバーな水色の5~6%の上面発酵ビールで、ビール名に「セゾン」の名を冠するビールをセゾン・ビールとする。 なお、セゾン(SAISON)は、「季節」の意なので、セゾン・ビールを醸造していない醸造所にセゾン・ビールのことを尋ねると、「うちもセゾン・ビールを造っているよ。季節ごとにね」などと言われてしまう。セゾン・ビールは、クリスマス・ビールなどの季節ビール(シーズン・ビール)とは異なり、あくまでもビールのタイプなので注意を要する。 

つまり、夏の暑い時期に向けて美味しく頂けるよう、ベルギーにて農閑期である冬に、醸造したビール、ということですね。

 

belgiumbeer.html.xdomain.jp

 

かんぱい。