かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味はソーシャルレンディング・ETF投資・仮想通貨と英語の勉強。

みんなのクレジット、第三回調停内容とは。

第三回調停内容がメールで送付されてきたので、共有です。

 

同じグループ企業に貸付を行っていながら?しかも、返済額がだんだん大きくなるステップ型とか聞いたことないですね。1年目は2%だし、課題与信にもほどがあるというか・・・

 

XXXX XXXX 様

 

投資家の皆様へ 11月27日(月)第三回目の調停に関するご報告 昨日、弊社代理人弁護士と融資先甲グループ代理人弁護士出席の上、東京簡易裁判所裁判官および調停委員の立会いの下で弊社と融資先甲グループとの返済に関する第三回目の調停が行われました。 第三回目の調停では、第二回目の調停において提出されました資料の中で、甲グループによる返済の実現可能性および根拠について回答を求めました。 その結果、当社では甲グループにおける直近の財務状況を踏まえた上で、提示された返済計画について、これまで厳正かつ慎重な協議を行ってまいりましたが、実現 可能性と客観的根拠が極めて乏しく、これ以上の調停による話し合いは困難であると判断し、調停案による和解はせず、今回を以て調停を打ち切る事を、当社取締役会で決議致しました。

 

▼甲グループとの和解に至らなかった、主な原因

 

甲グループへの貸付額が約31億円である事。

返済期間が72回(6年)の長期に渡る分割返済である事。

その返済金額については、1年目は全体の約2%からスタートし、経過年数に応じて大きくなるステップアップ型である事。

遅延損害金の支払いの意思はない事。

長期分割返済となるにあたって、追加の保証や担保の差入れがない事。

 

以上により、今後当社と致しましては、債権者として甲グループに対して、貸付金返還請求訴訟を提起するとともに、 債権譲渡の可能性も含め、投資家の皆様にとって、最善の対応を図ってまいりたいと思っております。 今後の経過につきましては、会員様専用メールにて、随時ご報告させて頂きます。 

 

もうこれはダメなのでしょうか。また、立会いに行くことはできるものなのでしょうか。

 

他の方のブログ紹介記事を待つことといたします。