かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味はソーシャルレンディング・ETF投資・仮想通貨と英語の勉強。

みんなのクレジットからご案内、が届いた。第一回目の調停の内容とは。

先日またまたみんなのクレジットからメールが届いたので共有します。

以下がその内容。

XX XX 様

 

平素は「みんなのクレジット」をご愛顧下さり、誠にありがとうございます。 第一回目の調停について 昨日、弊社代理人弁護士と融資先甲グループ代理人弁護士出席の上、調停委員の立会いの下で開かれました。 その内容について、以下ご報告申し上げます。 ・昨日の第一回目調停において、最終的な合意には至りませんでした。 融資先からの提案内容は、その蓋然性が脆弱であり、かつ分割返済の提案回数が想定以上の長さであったために、弊社としては回数の短縮と、その返済プランの確実性を担保する根拠となる詳細な情報の提供を求めるに至りました。 第二回調停期日:11月8日(裁判所による指定期日) 今後、期日以前においても実質的な妥結に至れるよう努めてまいりますとともに、お知らせすべき動向については、投資家の皆様宛にメールにてお知らせいたします。 

ざっくりした内容はと言いますと、 今回の第一回目の調停では合意に至らず、またその理由は融資先からの提案がイマイチ(分割返済の回数が過大)であったため納得できず、第二回調停に持ち越されました、というもの。

 

最初にこのメールを読んだ時の個人的な感想は、「意味がわからない」でした。私が頭が悪いのもあるのでしょうが、何を議論したのか、次回何が議論されるのか、が全く見えません。返済の回数って重要でしょうか?返済期日が長すぎる、という意味であれば少しは意味が通りますが、回数って、、、。

 

私は投資資金を回収できたので、静観できる立場にありますが、まだまだ回収できていない方々がたくさんいます。本当に腹立たしい会社だと思います。

 

craftbeer.hateblo.jp