かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味はソーシャルレンディング・ETF投資・仮想通貨と英語の勉強。

みんなのクレジットから言い訳っぽいメールを受領しました。

「あー、運用会社を分散していて、よかった!」

どうも、効率的な「利回り」、充実した(?)「副収入」。
丸の内勤務の田舎者”かんぱい”です。

「利回りの高い案件に集中させよう」か迷っているソーシャルレンダーのみんなーっ。

高い利回りでないと、なかなか配当なんて得られないって思ってない?

じゃぁ、質問です!

長期案件に投資している間に運用会社が潰れない保証はありますか っ?

「・・・残念がら、ないの。」

考えてごらん! 高い利回りはどうしてもリスクが付きまとってくるから!

・・・

 

こんにちは、かんぱいです。

 

 

みんなのクレジットへの投資資金の回収が完了、自身の銀行口座への入金も完了しました。

 

関連記事↓ 

craftbeer.hateblo.jp

 

 

が、まだまだソーシャルレンディング界隈では、みんなのクレジットの話題でいっぱいですね。

 

以下のメールを受領しましたので、皆様と共有申し上げます。

みんなのクレジットからの言い訳メール詳細

 

さて弊社は、平成29年7月27日、弊社融資先から「貴社の投資家による法的行動により不動産売買決済や融資が一時停止することとなったため、弁済期日を7月28日とする貴社への借入金元本の弁済を実施できなくなった」旨の連絡を受け、現に弊社融資先は、弊社に対する借入金元本について、約定通りの弁済を行いませんでした。 弊社といたしましては、弊社融資先による上記の債務不履行の発生を受け、現在投資家の皆様を代表して、債務不履行状態の解消に向けた弊社融資先との話し合いを進めるなど、貸付金の全額回収に向けて、最大限の努力を行っているところです。 つきましては、投資家の皆様におかれましては、大変なご迷惑・ご心配をお掛けすることになりますが、弊社といたしましては上記の通り、投資家の皆様の立場に立って皆様全体の利益を最大限に図るべく、弊社融資先との交渉を進めている最中ですので、引き続き交渉の推移をご静観下さいますようお願い申し上げます。 投資家の皆様方に対してお知らせにお時間を要しましたこと、衷心よりお詫び申し上げます。

 

 

どうしても言い訳に聞こえてしまいますね。やはり保全率が120%だと広告していたのに、ふたを開けると、20%にも満たなかったなど、今まで投資家を裏切っていた事実があるのにも関わらず、自身を棚にあげてしまっているような・・・

 

真摯な対応をしているつもりなのかもしれませんが、追加の保全をどうにかしてとってくる(方法はわかりませんが・・・)とか、現在の運用状況を事細かに連絡するとか、そういった報告がメールでくるようになればいいのにな、と思います。 

 

 

 

 

 

・・・

 

「え? どこに投資すればいいかって?」

・・・

クラウドクレジッド』

 

 

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット