かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味は投資と英語の勉強。

一風堂で堪能できる「ちょい飲み」とは。

www.gourmetbiz.net

株式会社力の源ホールディングス傘下の株式会社力の源カンパニーが運営する一風堂は、この度「ちょい飲み」を堪能することができる新店を西五反田にオープンするという情報をキャッチした。

 

しかも一風堂における今回の出店は、2店舗目だということで1店舗目と比べると、今回はクラフトビールなどが提供されるという。なんとも今風なお店にしあがっちゃうらしい。

 

今年7月に「立ち呑み」スタイルの一風堂浜松町スタンドをオープンさせた。そしてこのたびオープンする2号店の西五反田スタンドでは、博多住吉酒販監修の個性豊かな日本酒に加え、クラフトビール老舗・木内酒造の「常陸野(ひたちの)ネストビール」のラガーとアンバーエール2種類を樽生で各680 円(税込)で提供する。ちょっとつまんで気軽に飲んで、ラーメンで締めくくる一風堂スタイルを、今度は日本酒だけでなく、クラフトビールとも楽しめるようになっている。1号店の浜松町スタンドで日本酒を監修した福岡市の博多住吉酒販が提唱する日本酒選びの新基準「モダンとクラシックの法則」が、「日本酒初心者にもわかり易い」、「日本酒とおつまみの食べ合わせを考えて選ぶのが楽しい」と好評を博し、西五反田スタンドでも同基準を用い、「松の司(滋賀)」「東一(佐賀)」「新政カラーズ エクリュ(秋田)」「美田(福岡)」の個性異なる4種を一杯(90cc)500円(税込)で提供する。また、日本酒と一緒に楽しむことでより一層味わいの楽しみが広がるおつまみには、福岡県八女市で創業し今年95年を迎える豆腐店「豆藤(まめふじ)」の豆腐や練りものに加え、特製のマスタードソースで食べる「唐揚げ棒」1本190 円(税込)や、カレー塩で食べる「やわらかたこから揚げ」290円(税込)といった揚げ物など、西五反田店だけの味わいを取り揃えた。 

 サク飯、ちょい飲みに近いうちに訪問したい。ひたちのネストビールとの相性はいかに。

 

かんぱい。