かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味はソーシャルレンディング・ETF投資・仮想通貨と英語の勉強。

ビール税の一本化は見送るってさ。

先日ビールの税が一本化されるかもしれない・・・といった記事をご紹介しました。

 

craftbeer.hateblo.jp

 これは、今まで麦芽比率や原料によってビール系飲料を区分け、ビール、発泡酒第三のビールでそれぞれ以下の税を課していた訳です。

 

・ビールは77円

発泡酒は47円

第三のビールは28円

 

しかし、このビール税の一本化はどうやら見送られる方向となったようです。

ビール税一本化 来年度中は見送る方針 自民税調 | NHKニュース

 

記事によると、ビール税の一本化が見送られた理由は、心血を注いで第三のビールの開発を行ってきたメーカーへの説明がつかなかったこと、第三ビールを購入していた家庭への負担が増えること、と述べられてありました。

 

第三のビールを購入していた家庭は、確かに税を上げられてしまうため負担増となるかもしれませんが、嗜好品なので多少は仕方がないと思います。タバコなんて価格が1000円!なんて話もでている訳ですし。それより、一番の理由はやはりメーカーへの説明ではないでしょうか。ある敷居値に達しないために麦芽の量を調整し、本格的な味を再現してきた努力は、こんな一本化なんてされてしまうと水の泡ですから。

 

また、個人的にもこの一本化はどうしてもナンセンスとして感じられます。各々のビール飲料の購入割合は把握してはいないですが、この一本化はそもそも税収を少なくしてしまうリスクもはらんでいるのではないでしょうか。

 

ここに、一本化が見送られることになった理由についの記事も見つけたので共有。

ビール税一本化が見送られた理由は?昨年は「参院選に配慮」 | 財経新聞

 

こちらは、ビールが一本化から、醸造酒もだ!という意見。

www.tokyo-np.co.jp

 

かんぱい!