かんぱい。

ビールに関わること、なんでも。→から雑記ブログへ。最近の興味はソーシャルレンディング・ETF投資・仮想通貨と英語の勉強。

クラフトビールは片手間の事業!?クラフトビールメーカーの本業とは?

news.mynavi.jp

クラフトビールメーカーのほとんどが、同生産を「副業」としており、別に本業が存在するという面白い記事を見つけました。

 

帝国データバンクは9月1日、「クラフトビールメーカーの実態動向調査」の結果を発表した。同調査は8月時点で、146万社を収録する企業概要データベース「COSMOS2」から、クラフトビールメーカー166社(このうち、「主業」が64社、「副業」が102社)を抽出し、調査・分析している。主業とする売り上げ分布をみると、最多は「1億円未満」(60.9%)だった。次いで「1億~10億円未満」(35.9%)、「10億~50億円未満」(3.1%)となった。 

 

「副業メーカー」の本業をみてみると、1位は「飲食店」(25.5%)。続く2位は「清酒製造」(16.7%)、3位は「酒類卸」「食料品・その他小売り」(いずれも8.8%)。以降、「蒸留酒・混成酒製造」(6.9%)、「旅館・ホテル・結婚式場」(5.9%)と続いた。

クラフトビールメーカーの本業とは?

それでは、クラフトビールの本業か何か?というところですが、結局は飲食店や清酒製造といった、業種としてはさほど遠くないところが目立ちました(思ったより面白くなかった、笑)。

 

一方、5.9%程は、旅館・ホテル・結婚式場といった、どういった業態で営業しているのかわからないものもありました。これらの開場に醸造所でも併設しているのでしょうか??

クラフトビールメーカの多い都道府県

同記事には、クラフトビールメーカーの多い都道府県のランキングも合わせて掲載されており、結果、1位は「北海道」(16社)、2位は「東京都」「新潟県」(いずれも11社)、「神奈川県」「静岡県」(いずれも8社)となっているようです。

 

北海道が1位に輝くのは、やはり広大な土地・資源を生かした、大麦・小麦の栽培が有名だからでしょうね。

 

かんぱい。